新規ローンチ |手頃な価格のSLS 3Dプリンタ - E360

新規ローンチ |手頃な価格のSLS 3Dプリンタ - E360

多くのユーザーは、その精度、サポートフリーの印刷、およびさまざまな材料での作業能力により、工業用グレードのレーザーSLSテクノロジーの使用を採用しています。この技術は、新製品の開発や企業向けの小ロット生産において独自の利点を提供します。しかし、設備費が高いため、中小企業がSLS印刷を採用することは困難でした。SLS 3D印刷分野で経験豊富なプレーヤーであるTPM3Dは、成熟し、安定し、効率的で安全な産業用SLS 3D印刷装置であるE360を開発しました。最良の部分は、それがたったの500,000人民元で販売されていることです!
\
1、ブレークスルー燃料の進歩
レーザー焼結積層造形の有名なメーカーとして 中国では、TPM3Dは20年以上にわたってSLS 3D印刷技術に注力しており、技術の面で業界をリードしています。強固な技術基盤と成熟した機器に加えて、市場のトレンドに対応し、ユーザーのニーズに耳を傾けます。最近、私たちは研究開発に専念しています拘束形態素 Eシリーズ、の経済的なバージョン産業用 SLS 3D プリンター、それを本当に手頃な価格にします中小企業 工業用グレードのSLSレーザー焼結システムにアクセスします。

2、バランスの取れた輝きの実現:本質的なスキルと美的魅力を習得する
開発当初から、E360はベストセラーで高い評価を得ているP360に匹敵する安定性と印刷品質を備えたデバイスとして位置付けられました。また、プロトタイピングや家電などの分野のユーザーに、工業用グレードのレーザー焼結品質を低コストで提供することを目指しました。

装置の主な特長:
-より効率的なCO2 レーザー:自社開発の高効率COを使用2 高いレーザー品質とより長い寿命を提供するレーザー。ナイロンポリマー粉末はCOに対して高い吸収効率を有する2レーザー、ファイバーレーザーによって放出されるレーザーの吸収効率は非常に低いですが(波長はCOの10分の1です2 レーザー)。これは、より低いエネルギー消費でより高品質の部品を実現できることを意味します(E360の平均消費電力はわずか2.5ですKW)、印刷コストを削減し、低炭素で環境に優しい生産コンセプトに合わせます。
\
360のビルドボリュームの増加により×360×600mmのプリンターは、中型から大型の部品の作成や、小ロット生産や設計開発活動に従事する能力など、幅広いユーザー要件に対応します。
\
-統合された窒素生産:システムには窒素発生装置が組み込まれているため、個別の窒素発生装置が不要になり、コスト削減、メンテナンスの削減、床面積の解放につながります。
\
E360には、TPM3Dのアクティブ冷却システムによって提供される急速冷却機能があります。印刷後、冷却するのに3〜5時間しかかかりません。周りに誰もいないとき、装置は自動的に冷却段階に入り、冷却プロセスをより速くします。これにより、生産効率が向上し、粉末材料の経年劣化が早すぎるのを防ぎ、ユーザーの印刷コストを削減できます。この革新的な技術は全国的に特許を取得しており、業界の最前線にあります。
\
TPM3Dのアクティブ冷却技術は、冷却速度を効果的に加速します。
 
当社の印刷プロセスでは、最先端の素材、特にPrecimid1176Pro BLKとPrecimid1176Pro GF30 BLKを使用して、最適化された費用対効果を確保しています。これらの高度なナイロン12材料は、優れた印刷性能と最小限の粉末消費を示し、廃棄物とリサイクルの難しさを減らします。印刷されたパウダーは一貫した質感を維持し、硬化や凝集を回避し、ほぼ100%パウダーのリサイクルを可能にします。これにより、無駄を最小限に抑えるだけでなく、印刷コストも大幅に削減できます。
\
-よりスマートな操作ソフトウェアとインターフェース:E360は、まったく新しい制御ソフトウェアとタッチスクリーンシステムを採用し、クリーンなインターフェース、明確でユーザーフレンドリーな機能モジュールを提供します。タッチスクリーン設計により、操作がより便利になり、より技術的でインテリジェントなヒューマンマシンインタラクション体験をユーザーに提供します。
\
E360は、簡単に開梱できるプラットフォームや追加の成形バレルを含めるなど、粉末を処理するための強化されたオプションを提供します。これにより、ユーザーは粉末材料を効率的にろ過して再利用できます。さらに、E360を使用すると、ユーザーはさまざまな種類の材料を簡単に切り替えることができ、研究および教育における材料およびプロセス開発の要件を満たす柔軟性が向上します。

あなたの次の建設工事のための最高のパートナーをお探しですか?